相続した不動産売却(換価分割)を専門として、遺産分割から換価分割(売却代金の分配)までお客様の相続手続きを総合サポートします!

東京:相続不動産のご相談なら(JR上野駅 入谷口より徒歩3分)

相続不動産売却サポート

〒110-0015 東京都台東区東上野4-16-1 横田ビル1階
運営:行政書士法人よしだ法務事務所

業務エリア:東京・千葉・埼玉・神奈川

お問合せはお気軽にどうぞ
03-5830-3458
営業時間
 9:00~18:00
定休日
 土曜・日曜・祝日
相続不動産の売却(換価分割)なら、
当事務所へお任せください!

東京:相続不動産のご相談なら
相続した不動産売却の総合サポート

行政書士法人よしだ法務事務所へようこそ。当事務所は、1都3県で、相続した不動産売却のコンサルティングをご提供しています。

どのような内容でも構いませんので、まずはお気軽にお問合せ・ご相談ください。

SERVICE

相続不動産売却のサポート業務

親が死亡すると自宅(実家)が空き家になることがあります。通常子供たちは親から離れて持ち家をもってそれぞれ暮らしていますので、売却して売った代金を分割しようと考えるわけです。

しかし、相続が発生したら法律的に考えなければいけないこともありますし、売却の前提として一旦不動産の名義を相続人へ移さなければいけません(相続登記)。売却するとなれば、売り方(取り壊しして更地売りか、業者と個人どちらに向けて売るのか、測量をするのか、遺品はどうするのか等)を検討しなければいけません。もし測量や遺品整理が必要なら業者の手配も必要です。

遺産分割の段階を間違えると高額な税金が発生してしまうこともありますから、相続開始の段階から専門家に任せて相談しながら売却を進めたいと考える人(相続人)は結構います。

そういった相続人をターゲットにして、過去の経験や実績・専門性をいかして一括サポートをするのが当事務所です。

また、不動産業者をはじめ、税理士、測量会社、建物解体業者・遺品整理業者など全て提携先が揃っていますので、一括サポートの中で全て業者手配も当事務所で行えますので、お客様に面倒な手続きは不要です。

事務所の特徴

専門性の高さ

当事務所は事務所設立時から「相続」と「不動産売却」の分野に専門特化をして業務を行っています。

代表の松浦祐大は、相続の分野につきメディアや取材経験を持つスペシャリストです。

そして、過去数え切れないほどの相続と不動産売却の分野を総合的に解決をしてきた実績を持ち、日々、専門性と知識を高めています。

過去の経験則をいかしながら、高い専門性を持って、遺産相続から相続不動産売却までの一連した流れを解決へ導きます。相続した不動産売却のことなら、代表松浦へお任せください。

松浦代表ごあいさつ

松浦 祐大

こんにちは、行政書士法人よしだ法務事務所の松浦 祐大です。サイトへのご訪問ありがとうざいます。

相続した不動産・土地を売却して相続人で公平に換価分割をしたいとお考えなら、東京・上野の行政書士法人よしだ法務事務所が運営する『相続した不動産売却の総合サポート』へどうぞ。

当事務所では、ご実家など相続した家・土地の売却相談はもちろん、換価分割(相続した不動産を売って相続人で代金を分割)まで一括してお任せいただけます。

東京都内を中心として、神奈川県・千葉県・埼玉県(1都3県)に対応しております。お気軽にご相談ください。

当事務所の解決事例集

相続した実家を売却した事例

被相続人が死亡してから空き家になっていた実家ですが、今回相続人全員が売却して分割する気持ちにかたまりましたので、当事務所へ依頼に来られまし・・・

遠方の不動産を換価分割した事例

東京都内に相続人全員が住んでいますが、実家は名古屋市にあります。今回、遠方の対象不動産を売却してほしい旨のご依頼をいただきましたので・・・

お客さまの声

相続について調べていたら御社をしりました

実家が今回の相続で空家になってしまっていたので、売却するつもりでいましたが、どうすればいいのか右も左もわからない状況だったのでとても助かりました。この度はありがとうございました。

母が住んでいたマンションを売却したい

気持ちに整理がつけられずにいましたが、松浦先生へ相談して前に進めることができました。色々とお世話になりました。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-5830-3458

営業時間:9:00~18:00
定休日:土曜・日曜・祝日
※フォームからのお問合せは24時間受付中です。

相続した実家・不動産・空き家処分のことなら当事務所へお任せください!

「相続した空き家」「相続した実家」の売却・処分を検討しているなら当事務所までご相談ください!

相続した家を売却して、その売却代金を分けることを『換価分割』といいます。換価分割をするためには、まず面倒な戸籍謄本等の証明書を役所を巡り集めなければいけません。そして、相続人全員での遺産分割協議を行い、難しい法務局の手続きを経て、新たな所有者となってから、買主を探していくことになります。
売却するにせよ、どんな買主を探すべきか、土地の測量は必要なのか、相続した空き家の特別控除を使うためにはどんな手続きが必要か、全くわからないことばかりのはずです。

そんなお客様に代わって、当事務所が相続不動産売却を一括してアドバイス・業務対応を行います。
当事務所の松浦代表は、相続と不動産売却の2つの分野を専門とする換価分割の専門家です。お客様に寄り添って、相続手続きから換価分割をするところまで、一連の流れをサポートさせていただきます!

相続について知りたい

普通失踪と特別失踪とは
相続人で相続財産を分ける方法
胎児の相続権
法定相続人の範囲
法定相続分の計算方法
養子の相続権
内縁の配偶者と相続権
認知症の相続人がいる相続手続き
行方不明の相続人がいる相続手続き
未成年者の相続人がいる相続手続き
特別代理人の選任申立て
相続手続きと戸籍謄本の制度
遠方の戸籍謄本を取得する方法
死亡届と相続手続き
遺産分割協議の流れと進め方
生前のうちに相続放棄できるか
相続関係から離脱する2つの方法
相続不動産を換価分割する方法
換価分割の進め方と注意点について
換価分割での売り方と売却方針
相続不動産の換価分割まとめ
遺言が見つかっても遺産分割協議はできるのか
嫡出子と非嫡出子の法定相続分の違い
相続登記とは
相続開始後の賃料収入は誰のもの?
名義預金と相続について
借金も相続してしまうのか
香典は相続財産に含まれるか
被相続人の借金・債務の調査方法
未払いの病院代や光熱費は相続する?
葬儀費用は相続人に支払い義務がある?
準確定申告とは
海外在住の相続人がいる遺産分割
相続欠格とは
相続人の廃除とは
相続財産に含まれるもの
みなし相続財産とは
死亡保険金は相続税の課税対象か
死亡退職金は相続税の課税対象か
単純承認に該当する行為
限定承認とは
自筆証書遺言とは
秘密証書遺言とは
公正証書遺言とは
寄与分とは
特別受益とは
遺言書の検認手続きについて
自筆証書遺言と公正証書遺言の比較

遺留分とは
遺留分の放棄とは
相続放棄とは
相続放棄の申述方法
相続放棄の3ヶ月の期間伸長
3ヶ月経過後の相続放棄
相続放棄の撤回・取り消し
権利証を紛失した場合の相続登記
被相続人名義の預貯金口座の凍結
相続により凍結された預貯金口座の解約方法
預貯金口座の相続手続きまとめ
相続放棄と生命保険金
相続手続きの流れ
相続放棄と空き家の管理責任問題
代償分割とは
相続登記の期限
相続登記にかかる費用
遺産分割による相続登記
遺言による相続登記

不動産売却について知りたい

相続した不動産売却の流れ
相続した不動産の相場調査の方法
相続不動産の「換価分割」とは
売却の前提に必要な相続登記
売却する相続不動産の名義は誰にすべきか
相続不動産の売却先は個人?不動産業者?
相続した共有持分のみ売却できるか
住宅ローンが残った相続不動産を売る方法
相続した借地付きの建物を売却する方法
相続した底地を売却する方法
相続した戸建てを売却する注意点とは
相続したマンションを売却する注意点とは
相続人同士が遠隔地の場合の相続不動産売却
遠方の相続不動産を売却する方法
売りたい相続不動産の中で亡くなった場合
売りたい相続不動産が再建築不可の場合
売約予定の相続したマンションの管理費の支払い
相続した建物が未登記でも売却できるか
相続した土地の売却に測量が必要な理由
隣地と仲が悪い場合の測量問題
相続不動産の売却にかかる経費一覧
不動産売却にかかる仲介手数料
司法書士の相続登記費用
建物解体工事の費用相場
残置物撤去業者の費用相場
遺品整理業者の費用相場
測量士・土地家屋調査士の測量の費用相場
不動産売買契約書に貼る収入印紙額
相続した空き家の売却と譲渡所得税
みなし取得費を使った譲渡所得税の計算
不動産の登記簿謄本の取得方法
不動産の登記簿謄本の読み方と解説
抵当権設定登記と抵当権抹消登記
建物表題登記と建物滅失登記
土地の分筆登記と合筆登記
登記済権利証と登記識別情報
相続を原因とする空き家問題
空き家対策特別措置法
空き家を放置するデメリット
相続した空き家の譲渡所得税3000万円の特別控除
低廉な空き家の仲介手数料改正
相続した不動産売却の流れ

不動産売買における手付金
3つの媒介契約の比較
公簿売買とは
重要事項説明書とは
区分建物
セットバック
借地権
旧借地法と新借地法の違い
瑕疵担保責任
危険負担
建ぺい率
容積率
建築確認
残金決済
公示価格
固定資産税評価額
路線価
評価証明書と公課証明書の違い
区分所有者変更届
住宅用家屋証明書

アクセス(JR上野駅)

相続不動産売却サポート
(行政書士法人よしだ法務事務所

〒110-0015
東京都台東区東上野4-16-1
横田ビル1階

(JR上野駅入谷口から徒歩3分)

東京代表 松浦祐大

​換価分割を専門として取り扱う行政書士。
空き家問題解決・換価分割の専門家としてメディア・取材・雑誌への執筆等を行う。
東京都内を中心として日本全国の不動産を取り扱う幅広い業務エリア。

メディア・取材実績

当社松浦代表が「感動、仕事人。HIKOMA」の取材を受けました。
インタビュー記事についてこちらからご覧いただけます。

お問合せはこちら✉

お電話でのお問合せはこちら

電話受付:平日9~18時
フォーム:24時間

業務対応エリア

東京都台東区(上野駅)を中心として一都三県に業務対応!

東京都内

新宿区・千代田区・中央区・文京区・渋谷区・目黒区・江東区・墨田区・江戸川区・葛飾区・足立区・北区・荒川区・板橋区・豊島区・練馬区・中野区・杉並区・世田谷区・港区・品川区・大田区・台東区・小平市・西東京市・武蔵野市・三鷹市・府中市・調布市・立川市・町田市・八王子市、他

神奈川・千葉・埼玉

横浜市中区・西区・南区・神奈川区・保土ヶ谷区・鶴見区・金沢区・磯子区・青葉区・緑区・戸塚区・泉区・港北区・都筑区・栄区・港南区・旭区・瀬谷区・藤沢市・鎌倉市・茅ヶ崎市・川崎市・横須賀市・逗子市・三浦市・小田原市・平塚市・秦野市・厚木市・伊勢原市・大和市・海老名市・座間市・綾瀬市・相模原市、千葉県・埼玉県全域

日本全国の不動産に対応!

当事務所では、日本全国の不動産に対応していますので、遠方の不動産を相続されたなら是非ご相談ください!